• 文字のサイズ小
  • 文字のサイズ中
  • 文字のサイズ大

同経会|同志社大学経済学部

同経会報限定公開中
同経会Facebookはこちら
同経会への登録はこちら
同経会の個人情報管理について、2022年10月より運用方法が変わりました。
「住所変更連絡フォーム」は大学の名簿管理です。同経会報や各種案内をお送りするときはこの情報を使います。
住所変更の際は、下記ボタンより申請をお願い致します。
住所変更連絡フォーム
WEB名簿登録のお願い
下記の「ホームページのWEB名簿」からの住所情報は会報送付用ではなく、同経会員に公開するものとなりますので、ご利用の際は併せて変更をお願い致します。 ホームページのWEB名簿
WEB名簿利用の手引き
同経会への情報掲載はこちら

イベント案内

HOME  > イベント案内 >  シンポジウム2014 「社会・地域・産学連携の最前線を問う」

シンポジウム2014「社会・地域・産学連携の最前線を問う」

同志社大学PBL推進支援センターは、シンポジウム2014「社会・地域・産学連携の最前線を問う~連携教育としてのPBLの可能性と課題~」を以下の通り開催します。

シンポジウムでは、社会、地域、産学連携の最前線から現状と課題を浮き彫りにし、さらに大学と地域の「連携教育」の可能性についても議論されます。

開催内容

8月9日(土)13時30分~16時30分
会場:同志社大学今出川キャンパス明徳館1番教室
京都市上京区今出川通烏丸東入ル、京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅下車

プログラム

挨拶
真山達志氏(同志社大学教育支援機構長・政策学部教授)
趣旨説明
山田和人氏(同志社大学PBL推進支援センター長・文学部教授)
第1部 学生報告
同志社大学2013年度プロジェクト科目
世界遺産をデザイン! ~花「桜」と共に生きる吉野山プロジェクト
京都市伏見地域活性化プロジェクト~「学び」で観光の質向上を~
第2部 パネルディスカッション
「大学と地域がつくる連携教育の可能性について考える」

パネリスト
 大津 晶氏(小樽商科大学商学部准教授)
 森 正美氏(京都文教大学地域協働研究教育センター長、総合社会学部教授)
 山川肖美氏(広島修道大学ひろしま未来協創センター長・人文学部教授)
 眞鍋和博氏(北九州市立大学基盤教育センター教授)
コーディネーター
 山田和人氏

閉会後、情報交換会が開かれます。
参加される方は、参加費1500円が必要です。当日、受付でお支払いください。

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み方法

ホームページ http://ppsc.doshisha.ac.jp/
メール ji-pbl@mail.doshisha.ac.jp
FAX 075-251-3064
締め切り 8月4日(月) 先着150人

お問い合わせ先

同志社大学教育支援機構教務部今出川校地教務課

電話: 075-251-4630

※PBL……Project-Based Learning プロジェクトをベースに展開する参加型、実践型の学習形態で、一定期間に一定の目標達成を目指すチーム主体の協調学習。

ページのトップへ