• 文字のサイズ小
  • 文字のサイズ中
  • 文字のサイズ大

同経会|同志社大学経済学部

同経会報限定公開中
同経会Facebookはこちら
同経会への登録はこちら
同経会の個人情報管理について、2022年10月より運用方法が変わりました。
「住所変更連絡フォーム」は大学の名簿管理です。同経会報や各種案内をお送りするときはこの情報を使います。
住所変更の際は、下記ボタンより申請をお願い致します。
住所変更連絡フォーム
WEB名簿登録のお願い
下記の「ホームページのWEB名簿」からの住所情報は会報送付用ではなく、同経会員に公開するものとなりますので、ご利用の際は併せて変更をお願い致します。 ホームページのWEB名簿
WEB名簿利用の手引き
同経会への情報掲載はこちら

新着情報

HOME  > 新関三希代ゼミチームが日経STOCKリーグで敢闘賞

新関三希代ゼミチームが日経STOCKリーグで敢闘賞

  • ↓クリックすると拡大します。
    新関三希代ゼミチームが日経STOCKリーグで敢闘賞
日本経済新聞社主催の「第15回日経STOCKリーグ」で、同志社大学経済学部の新関三希代ゼミのチーム(馬渡周さん、岩根拓也さん、村木光さん、原麻子さん、前田秀さん、指導は新関三希代教授)が大学部門2位となる敢闘賞を受賞しました。2015年3月7日、日経本社カンファレンスルームで表彰式&懇親会が開かれ、表彰されました。
同チームのレポートのタイトルは、「LOCAL LOVE企業~地域とともに発展する企業を発掘せよ~」。東京に本社がなく、地域貢献活動をしている企業をLOCAL  LOVE企業と定義し、その企業の価値が高いことを実証分析で明らかにしました。審査員からは、テーマや分析対象企業選択での着眼の良さが高く評価されました。
同リーグは、バーチャル株式投資や投資テーマに沿ったポートフォリオ、レポートの作成によって競うコンテストで、今回の大学部門には631チームが参加しました。
同ゼミのチームは第6回から出場し、第9回、第10回では審査委員特別賞を、第13回、第14回では大学部門1位となる部門賞を受賞しています。今回、同ゼミから5チームが出場、全チームが35位以内に入りました。
ページのトップへ